top of page

amiami

About-us.png

​私たちは健常者と知的障害者の編み目を紡ぎます。

amiami?は知的障害者のアート作品を、福祉活動や障害者アートという枠組みだけに当てはめず、その素晴らしさを世界に広めるため立ち上がりました。適正価格で展開することでその素晴らしさを価値が理解できる人々とシェアしたいという思いがあります。アーティストが作るユニークで情熱的な作品をより多くの人に知ってもらい、「良いものは良い」と感じたものを身近な場所で手に取ることができる体験を届けます。

amiami?の由来

知的障害者と健常者の壁を「編み目」に変える原動力になりたいという思いが込められており、また、"ami"という言葉はフランス語で「親しい友達」という意味があります。最後の?は友達と言い切るのではなく、「友達?」くらいがお互い気軽に関わっていけるのではという考えも込められています。

unnamed (1).jpg

Our 
Story

 はじまりは、代表の妹が通う福祉施設への訪問だった。 

素敵な絵がひしめく施設内。思わず息を飲んだ。

一心不乱に自分の「アート」に向き合う人々。そしてそれを支える人々。 この世界を多くの人に知ってもらいたい。 ただ、それだけでこのアートから何かを作ろうと思った。 レジ袋有料化の時期で、思いついたのはふろしき。 ふろしき工場に話を持っていくと、 「今ならふろしきにもスカーフにもできる生地がある。」と聞き、 第一弾商品。手染めのふろしきスカーフが完成した。 

2021年6月にクラウドファンディングでキックアウト

2ヶ月で130万円の売り上げ。しかし、達成感よりも違和感が残った。 

アート作品には著作権が絡むため、商品化する際の契約書の締結。アート作品のデータ化。 

商品化デザインのやり取り、確認作業。 文字に書くのは簡単だが、介護を主軸とする福祉施設の職員がその全てを担い続けるのは難しい。 

LINE_ALBUM_330_221201_7.jpg

2023年 1月女性起業家賞 日本経済新聞社賞 京都支社賞 受賞 

この受賞を機に本当に今社会に求められていることを追求した。 

まずは、商品化についてできるだけ多くの施設関係者やアーティストに話を聞くことにした。2ヶ月間で100人を超えるアーティストや施設関係者、企業関係者と会った。目にした作品は2000作品を超えた。施設の人々が口を揃えていうのは「アーティストを守らなくてはいけない。」という言葉だった。

スクリーンショット (37).png

アーティストが話すのは「良い形でひろまってほしい」という言葉だった。 

企業関係者と話の中で対等に商談を進めるには信頼が必要であるということだった。 

そして, 2023年6月 合同会社amiamiとして再スタートを切る。 

スクリーンショット (38).png
bottom of page